MENU

更年期障害のサプリで話題のエクオール!どのような効能があるか!

腸内フローラを改善すると体内でエクオールを作り出すことができて、精神を安定させてストレスを解消したり細胞が活性化されることで健康や美肌、若返りの効果もあり、更年期障害で悩む方にはサプリとして飲まれている方も多いです。

 

善玉菌は心を落ち着けてくれる

 

忙しい生活をしていていつもイライラしたり、不規則な暮らしで睡眠不足や不眠が続いてやる気が出なかったり、食生活が乱れたりすると腸内環境にも悪影響を及ぼしてお通じが悪くなったり肌が荒れてしまうケースがよくあります。私たちの腸の中には常に数えきれないほどの細菌が生息していて、これらをまとめて腸内フローラと呼んでいます。腸内細菌は健康のために役立つ善玉菌と体に悪影響を与える悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌の3種類に分類されて、それぞれがバランスを保つことで腸内フローラが正常に機能します。しかし、体調不良や不健康な食事などで悪玉菌が増えてしまうとそれまで様子をうかがっていた日和見菌までが悪玉菌のような働きをするようになってしまい、病気になったり不調の原因になるので普段から善玉菌を増やすことを意識して生活することが重要です。エクオールサプリで更年期を負けない身体へ。

 

善玉菌の代表はヨーグルトに入っていることで有名な乳酸菌です。腸内で作用して体の機能を高めてくれるので、便秘の解消やデトックス、免疫力の向上、基礎体力作りなどに効果があり、精神を落ち着けてくれる働きも持っているのでストレス解消にも役立ちます。善玉菌はヨーグルトのほかに日本古来の発酵食品である納豆や味噌、醤油、漬けもの、酒粕などにも含まれているので和食を積極的に食べるようにすると自然に摂取できます。酵素や乳酸菌のサプリメントを使って足りない分を補給することも可能なので、毎日しっかり摂るようにしましょう。善玉菌の数は年齢を重ねると減ってしまうので、補給すれば肌がきれいになったり体内で細胞が活性化されて疲れにくい体になるなど若返りの効果もあります。善玉菌は食物繊維を好むことも知られているので、ヨーグルトを食べるときにシリアルやバナナを混ぜたり、和食の白米を玄米や雑穀米にしたり、なるべくたくさんの葉野菜や根菜を食べるとより効果的に腸内フローラを改善することができます。美容と健康の両方に役立って、心を落ち着けて不安やイライラを取り除いてくれるので心の健康も維持できます。エクオールは女性ホルモンと似た働きがあるので、更年期の改善にはオススメです。サプリでも人気なのです

 

大豆のパワーも精神面に効果的

 

ストレス対策やアンチエイジングのために有効な成分ではイソフラボンも有名です。大豆に多く含まれているので、豆腐や豆乳、味噌、納豆、枝豆などを食べることで摂取できて日本人の体と相性がいいので健康と美容のためにさまざまな効能を発揮してくれます。中でも特に強力なのがエクオールで、大豆イソフラボンが腸内細菌の働きによって体内で変化して作られる物質です。女性ホルモンと似た働きをするので、ホルモンバランスの乱れによって生じる女性特有の症状を改善して快適に過ごせるようになったり、更年期障害を和らげたりするので注目されています。生理前にイライラしたり精神が不安定になるのを防いでくれるので心を落ち着けてぐっすり眠れたり、冷え性や生理痛、むくみなどを防いでくれたり、ホルモンバランスを正常に保って生理不順を克服したりすることができます。エクオールを作り出すためには腸内細菌が重要な役割を果たすので、普段から腸内フローラを整えておくことで大豆製品を食べたときに最大限の効能を引き出せます。体の内側から老廃物や毒素を排出すれば細胞がしっかり機能するようになって肌にハリやツヤが戻ってきたり、たるみや小ジワの解消などの若返り効果も期待できます。慢性疲労でいつも疲れていたり、すぐに体調を崩してしまう人でも腸内環境を整えることで体を強くして一日中活発に生活できるようになるので疲れて老けているような印象から解放され、若々しく元気な自分を取り戻せます。乳酸菌をたくさん摂取して善玉菌を増やすために発酵食品を食べたり、イソフラボンを補給するために大豆製品を毎日摂るようにすることはとても大切で、ほかにも食物繊維やオリゴ糖など体によいものを積極的に食べることで心と体の健康を保つことができます。食事で補えない部分はサプリメントを使ったり、青汁や健康食品などを活用するのもおすすめです。腸内フローラを意識して生活すれば自然にアンチエイジングができて、ストレスを感じず元気に過ごせるようになるので早速実践してみましょう。更年期にはエクオールサプリを摂取していきましょう